上質な婚約指輪を購入するコツ~ブライダル情報~

最大限に生かすために

ドレス

会場とのバランスも大事

結婚式のお色直しで新婦が着用するカラードレスは純白のウエディングドレスに比べて迷う人が多いのが現実です。ウエディングドレスはどんなデザインのものにするかを選べば良いのですが、カラードレスはデザインだけでなく色もバリエーションが豊富なので選択肢が多いのです。沢山の選択肢があるのは嬉しいと共になかなか決められないケースも出てくるでしょう。カラードレス選びはドレスそのものだけでなく会場の雰囲気に合わせることも大切です。会場にマッチしないものを選ぶと、ドレス自体は素敵でも会場に栄えず、残念なことになってしまう可能性があります。自分に似合い、会場にもぴったりなカラードレスを選んで招待客に喜んでもらいたいものです。

大規模な会場に栄えます

カラードレスの特徴としては、プリンセスラインやAラインのデザインのものが多いと言う点が挙げられます。その理由として、お色直しでカラードレスを着用する人は大きな会場で挙式披露宴を行う人が多いからです。最近はレストランなどで小規模な挙式披露宴を行う人も増えていますが、そういう場合にはお色直しではなく、ウエディングドレスをアクセサリーやブーケ、ヘアスタイルなどで変化させて招待客に披露する人が多いからです。もちろん、少人数での挙式披露宴のときに適したカラードレスもありますが、その場合には自分が招待されたときにも使えるようなカラードレスを選ぶと、挙式披露宴を行った後でも利用できるので購入するのも賢い選択です。